« February 2006 | Main | April 2006 »

March 22, 2006

金さん、銀さん

うほ、なつかしい。
もとい、夕べは祝日の夜と言うこともあって、前々から計画していたレイドを行ってました。
詩人の広場のてっぺんにいるDjnn Masterから始まるAQの「昼と夜をとらえて」の最終段階、金竜ことBarakahと銀竜ことSiyamakを討伐しました。
Barakah/Siyamak共に何度かの仕切りなおしはありましたが、問題なくkillできました。
個人的には、こいつらの視線チェックがかなりシビアというか、おかしかったのが気になりましたが。
その後、ギルドの皆と詩人の広場にいって(金のうろこが出ましたけど)Masterに報告し、レジェンダリ武器と火エレpetを貰って、無事詩人広場リターンにアクセスできるようになりました。

結局、このゲームってAEにどう対処するのかに集約される気もしますな。
基本的にDTとか、PC飛ばしとかない限りは、AEにはIn-Outで対応するしかないような気もしますが。

あぁ、そういえばLU19後に発生してる酷いラグについて、特設サイトにでてましたな。

http://www.playonline.com/eq2/polnews/news7167.shtml

早いとこ何とかして欲しいもんだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 20, 2006

週末まとめ

例のごとくLJ-->GoAA-->CoAって感じですた。
パッチのせいか、心なしepic mobが弱体化されたような気がしますが、気のせいでしょうか。
というか、ラグが酷くてどうにも。CAが思うように発動できないですよ。まぁ、おかげで敵もラグってるせいか、AEはあまり食らうことも無いんですけどね。
というかですね、LU19以降で大きな変更が1つありましたよ!
投擲武器が、どれを使っても全種類のammo?を投げれるようになってますよ!
今まではKnifeはSheath、AxeはBなんとか(覚えられん!)といったように、投擲武器の種類によって投げられるammoの種類が変わってたんですけど(組み合わせが悪いと、ammoがないよ!と怒られてました)、LU19でどれでも投げられるというか、Sackの中の左上のスロットから消費するだけになってます。なので、そこにAxeが入ろうがKnifeが入ろうがHummerが入ろうがお構いなしです。
レジェンダリ3種類揃えたおいらの立場はどうなのよ、とfeedbackしておきました、ラグ何とかしろと言うついでに。
んでですね、敵の戦闘方法と言うか、ストラテジも変わっていて、以前ならやたらと窒息、stunを多用してきていたのが、今はpet出したり、Debuff大量に発射してきたりという状態で、窒息より厄介になってます。59の▲つきのnamedなんて、前は結構余裕で倒せていたのが、今現在はギリギリですよ。
そんでもって、雑魚つきのnamedを雑魚だけkillしてnamed残しで逃亡すると、namedのlockが掛かったまま外れない状態で、永遠に雑魚repopしないわで、何も出さないのにkillしないとならないという状態になってます。たしかに、この辺の変更は入っていると見た記憶はあるんだけど、repopしないで延々と箱出さないnamed放置ってのは、別の問題のような気もしますけどね。
なんだか、いまいち不透明な変更多いですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2006

LU19雑感

いや、特に無いんですけどね・・・。
ハーフリングが若返ったとかあったので、自分の顔を見てみたけど、なんら以前と変わらず。
元々若いからかもしれないと思い、ボーブルシャーに戻ってみたけど、何処がどう変わったのかさっぱりですた・・。
LU19自体、自分になにかメリット・デメリットのある変更があったかといえば、そうでもない感じで、まぁグリフから飛び降りれる、ってところはメリットか・・。
QHとかPoFとか、Maj'Dulとか、軒並み重かったゾーンは、かなり快適になった気もしないでもないけど、QHは単純にNPCの数減らされただけだから、DoF関連のゾーンに関しては多分に不具合の修正もあったんではないかという気はします。
それでも、局所局所で異常なラグがでることはあるので、まだなんか怪しい感じもしないでもないですな。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 14, 2006

週末まとめ

風邪を引いてしまい、体調が悪くてニントモカンとも。
花粉症とあいまって、鼻腔内粘膜がすりむけた状態になってしまい、激しく痛かったりします。
風邪のおかげで喉もやられてしまい、みのもんた状態、もとい「もんたよしのり」なみのハスキーヴォイスで、会話するのもきっつい状態です。
EQ2のほうはというと、CoA→LJ→GoAAの定番コースでした。前回苦労したGoAAもResidentエリアまではなんとかクリアできました(Tradingエリアの蛇はパスしてしまいましたが)。
All Clearまではかなり遠い感じはしますが、戦略の確定とレイド慣れさえすれば、そんなに時間は掛からない気もしないでもないですな。

どうも、我々の場合1st エンゲージでの失敗が尾を引きずる感じがあるので、戦闘開始数分間の状態を安定させる工夫が必要なのではないか思います。Svが高かろうが、HPが多かろうが、ヒールが厚かろうが、エンゲージを失敗したら、それだけで鎧の痛み具合進むので、チャンスも減りますからね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 07, 2006

Hail of Steel再び

週末のGoAAにてAEで散々だったので、Sv装備について考えてみたりしましたが、結論としてSWBだけどレンジ武器をメインで行ってみようという結論になりますた。
前にも書きましたが、SWBには58で覚えるHail of Steelという投擲専門のCAがあるんですけど、その後色々と試してみたんですけど、このCAは効果時間30秒で、その間投擲ダメージを強化するというもので、adept 1でおおよそ1撃600〜800(基本は433〜688だと思うけど、STRとAGIに影響を受けるので、オイラの場合は最低でもこれぐらい)ダメージでます。レイドなどでFull BuffedでSTRとAGIがキャップに達してたり、INTが上昇している状態だと、adept 1でも1300とかいきます。それプラスプライマリ武器やコバルト脚のProcエフェクト、毒の判定や、自前Proc Buffの判定も入ったりするので、確率は低いですけどProcによる追加ダメージも400とかになりますので、場合によっては1撃3kとか行くときもあります。
これを30秒間続けるので、おおよそ20回の攻撃機会(前は8〜9回と書いてましたが、きちんと計ったところ19〜20回でした、鯖読みすぎですね・・・)を得ることができますので、18000〜20000の累積ダメージを安定して与えることができます。recastも30秒なので、1分おきにこのCAを発動することができます。
次のキャストへの30秒間は近接攻撃でdebuffを入れるか、あるいは待機すると言う感じになります。

で、この投擲CAの場合は、装備している投擲武器の種類により攻撃属性が変わりますので、epic mobのように、それぞれで耐性が異なる場合は、投擲武器を切り替えてあげれば、どの敵にでも(ハンマーを投げればCrushダメージを与えることも可能です)有効です。前はPieだけかと思ってたんですけど、投げてる武器がKnifeなので、当然Pieになるわけで、投げる武器の種類を代えてあげれば、SlashにもCrushにもなるということで、今頃気がついたオイラがそこにいたわけですけど・・・(´ヘ`;)
ということで、オイラの場合はHail of Steel専用に全種類のT6レジェンダリ投擲武器を用意してみました。もちろんSv装備も揃えてみるつもりですが、あきらかにこちらのほうがDPSは上だったりするので、レイドはこれを主力にしようかと考えています。
GoAAでのレイドでいくらSv6kとかに上げようが、1撃3kとかくるわけなので、そうなると元々のHPが低いScoutクラスでは、瀕死の状態です。つまり、INTキャスターがAE食らうのと、条件的にはあまり変わらないんですよ。その上、AE2種類を使うmobとかを相手にすると、まず間違いなく死ねます。なので、Svあげても無駄(100%無駄ではないですけどね、可能性としてSv高いほうが生き残る確立は上がりますから)、In-Outでやるほうがよっぽどいい、という結論になりました。
でもね、In-OutではDPSが必然的に下がるし、ヒーラーも多いわけではないので、万が一AE食らった際の(いや、万が一というより四が一程度にくらいますけどね)リカバリーで、さらにDPS下がって戦闘時間も長引くと言う結果になるわけで、ならば投擲CAを使わないでどうする、という結論になったんですね。

問題は、このCAの場合14.7%の確立でヘイトの上昇を引き起こすと言う副作用と攻撃の届くレンジが30メートルまでということなんですが、ヘイトに関しては、Avoid CensureのランクをMaster 1にすることで対処できそうな感じなので(上がったヘイトをそのまま受け流すみたいな・・・、これ以外にも下げる方法はあるし、ハーフリング兵法を使えばさらに下げれるので)よいとして、問題は距離です。
30メートルって意外と短いので、mobによってはAEレンジ内に入ってしまうと言うこともありえますな。まぁ、この辺は当たって砕けろって感じなので、少しずつデータを取っていくしかないのかもしれません。最悪、そのmob専用Sv装備を用意してもいいわけだし。
いずれにせよ、この戦略が有効ならばAEはまず食らわないので、ある意味安定してダメージを与えられると言う点では、かなり有効なんじゃなかろうかと思っています。懐にもやさしい(余計な修理代が掛からないし〜)エコシステムだったり(´ー`)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »