« 週末まとめとワールドカップ | Main | ラグが消えた日 »

June 19, 2006

週末まとめ

これといってEQ2の方は特に進展は無かった感じだったりします。いつものごとくCoAA→GoAAという週末コースでした。
世の中ワールドカップばやりということもあって、夕べはブラジルvsオーストラリア戦を最後まで見てしまいました。
オーストリアはカカとロナウジーニョにマンツーマンディフェンスをしいて、アドリアーやロナウドには多vs1という状況を意識的に作りだしてラインをかなり下げてディフェンスしてましたな。
それに対してブラジルはラインを異常に高くして、序盤こそ最終ラインでパスをまわして、中盤の二人(カカとロナウジーニョ)が狭いスペースをドリブルでこじ開けて、ツートップがそこからボールを受けて前を向くという形を何度も試してましたが、効果が薄いと見るやサイドバックの二人がオーバーラップしたりカフーが右サイドからドリブル突破を図るなどして、オーストラリアの守備の意識を外に持って行かせる様にしておき、中央のアドリアーノやロナウドにスペースを与えて前を向かせるように仕向けるという状況を作り出してましたので、結果的にそれが生きた形での1点目でした。
後半も同じパターンで攻めてましたけど、途中ロナウドとアドリアーノが肩で息し始めたと見るや、すかざずロビーニョとフレッジのフレッシュなFWを投入して、相手が攻撃的な布陣を強いてきたところを、散々かき回してラインを崩し、最後に止めを刺すみたいな具合で、流石でした。
それにしてもゼ・ロベルトは良く走るな。ああいうディフェンスに意識を持った人がいるだけで、中盤の底から最終ラインまでかなり安定する感じですな。前線をロナウジーニョとカカが担当し、後ろをゼ・ロベルトとカフーが担当するという感じで、ルシオやロベカルとかはどちらかというと攻撃参加が好きなディフェンダーなんだけど、そのバックアップをゼ・ロベルトがファンのバックアップをしてあげて、常に人数で負けない状況を作り出してあげてるというところが、さすが最強チームという感じ。1対1では絶対に抜かせないところもすごいし、さっきまで攻めあがってたのに、あっという間に下がり目のポジションに戻ってるという感じだったし、とにかくスタミナがすごい(もちろん旨さもあるんだけど)。

|

« 週末まとめとワールドカップ | Main | ラグが消えた日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7012/10590907

Listed below are links to weblogs that reference 週末まとめ:

« 週末まとめとワールドカップ | Main | ラグが消えた日 »