September 03, 2007

白くま

ヤックンが白くまのことを書いていたので、少しだけ触れてみるテスト。
白くまって、色々商標問題あるみたいなんですけど、一般的に九州地方(鹿児島が発祥地のようですが)で練乳がけのカキ氷のことを「白くま」と言うみたいです。
おいらが10個纏め買いしてるのは、セブンイレブンで売ってるロイヤル食品のOEM製品なんですけど、ノーマルタイプ?と和風タイプがあって、ノーマルはいわゆるスタンダードな白くまで、パイナップルやさくらんぼ、みかんなどのフルーツが上に乗っていて、底のほうに大量の練乳が仕込んであります。
和風タイプはノーマルよりもやや値段が高くて、フルーツ以外にあんこときな粉アイスが乗っており、練乳は仕込まれておらず、その代わりに抹茶ソースが仕込まれています。
個人的にはノーマルのものがすきなんですけど、和風の方のあんこときな粉アイスの組み合わせも捨てがたかったりします。うちは、父親が長崎出身の人なんで、小学校の頃に父親の田舎・長崎に帰ったときは必ずといって良いほど、白くまとスコール(乳酸菌入りソーダ?カルピスソーダみたいなもんです)が出されました。今は無きおばぁちゃんの思い出として残ってます(このほかにも刺身醤油の味も記憶にありますが)。熊本や鹿児島の親戚のうちに遊びに行っても、やはり同じコースだったりします。

今はコンビニで地方独自の食べ物も簡単に手に入る時代になってしまい、こういうところでグローバル化が当たり前になってしまってますけど、おいらが小さい頃は、地方の食べ物は地方でしか手に入らないという状況が当たり前でしたから、夏休みの田舎での日々が終わって、真っ先に東京に帰ってきて、こういったお菓子が食べれなくなって口ざみしくなると言うのが、おいらの夏休の思い出だったりします。あぁ、なつかしいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)